<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 帰省中 | main | だらだらごろごろ >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*『若き数学者のアメリカ 』藤原 正彦*
1972年の夏、ミシガン大学に研究員として招かれる。セミナーの発表は成功を収めるが、冬をむかえた厚い雲の下で孤独感に苛まれる。翌年春、フロリダの浜辺で金髪の娘と親しくなりアメリカにとけこむ頃、難関を乗り越えてコロラド大学助教授に推薦される。知識は乏しいが大らかな学生たちに週6時間の講義をする。自分のすべてをアメリカにぶつけた青年数学者の躍動する体験記。(裏表紙より)

待望の読書感想文です!
やっとブログの紹介文が嘘じゃなくなりました!

記念すべき第一冊目はこの本。
この前ヒロセさんちに遊びに行ったときに貸してもらったものです。
満員電車できゅうきゅうになりながらも読み進めました。

体験記だって事を忘れちゃいそうな面白さです。
まさかこんな突飛な人生を送った人がいるとは、凡人の私には想像もつきませんでした。
事実は小説よりも奇なり、といいますか……。

海外に行ったときの急性愛国病とか
出してしまった手紙のことで後から死ぬほど後悔したりとか、
すごく共感できる部分があるかと思えば
その辺の道端で片っ端から女の子をデートにさそうなんていう
信じられないようなことをやらかしたり。
時代ですかねえ。(笑)
なんせ著者近影でハゲたおじちゃんになっている著者の
若い頃のお話ですから。

しかし本人はなんでもないことのように書いてますが、
きっとこの人すごく賢い人なんだろうなあ。
だいたい数学者なんてのは普通の人がなれる職業でもないし。
数学者好きの私としては大変ツボを押さえた本でした。

もう一冊、同じ作者のエッセイをも借りているので
今度はそちらを読んでるところです。
近々感想アップします。

* comments(0) * trackbacks(1) * 読書 * 23:42 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 23:42 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
若き数学者への手紙
若き数学者への手紙
| 忍者大好きいななさむ書房 | 2009/08/25 12:18 PM |